メルセデスチーム

今年のワールドチャンピオンは、メルセデスチームのルイスハミルトン選手でした。

今回は、元フェラーリチームのフェルナンドアロンソ選手です。長年フェラーリチームで活躍してきましたが、この最近では、チームとしても低迷てることそれにフェルナンドアロンソ選手自信もポールポジションもとれず表彰台にも上がれていませんでした。

これにより、フェルナンドアロンソはフェラーリ離脱することになりました。

しかし、ここにきて来年からスタートするマクラーレンホンダチームから声がかっているみたいです。
今回のF1の最新ニュースを見たところフェルナンドアロンソ選手は、かねがね噂されていたマクラーレンホンダとの契約サインを交わしたとみられています。

もしフェルナンドアロンソ選手がマクラーレンホンダに移籍ときは、応援したいと思いました。

今回のアブダビGPで最後にフェラーリチームで取ったチームメイトとチーム関係者たち全員で写ったフェルナンドアロンソ選手の画像です。

F1は全日程も終わってしまいました。
しかし、各チームでは、来年にむけマシーンのいろいろな各部品やエンジンのテストを行っています。

その中で、来年からマクラーレンホンダとして日本が誇るホンダエンジンが、F1に復帰することです。
ホンダは、F1で長年活躍して来ましたが、1964年~1968年に第1期と1982年~1992年に第2期および2000年~2005年とホンダは供給したきました。
今年のF1からはパワーユニットエンジンとなり、エンジンオンも去年とは違い静かになっています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%A91

今回は、マクラーレンホンダはアブダビでパワーユニットのテストを本格的にトラックテストを行いました。
しかし、初日からトラブル続きで、テストがうまくできなかったみたいです。

マクラーレン、トラブル多発も想定していた学習経験の一部と述べていました。