ムーラン・ナ・ヴァン

ボジョレー・ヴィラージュとは、ボジョレーの中でも特に良質のぶどうが採れる北部38村のこと。この村々の畑で収穫されたぶどうは、フルーティさが凝縮した深みのあるワインに仕上がります。

地元のガブ飲み用ワインでしかなかったボジョレー地区の素朴な地酒を、たった一代で、はつらつとした生気あふれる世界の名ワインにまで磨き上げた偉才ジョルジュ デュブッフ氏は、その卓越した鼻と舌で今日のボジョレーワインの理想的な味わいをつくり出し、1970年代からは、自らのヌーヴォーを世界に紹介、ボジョレーワインのステイタスを築き上げた名醸造家です。

ムーラン・ナ・ヴァンは、10の村名ボジョレーの中でも最も力強く、芳醇な美酒。バラの香りが華やかに漂う、深く、濃く、なめらかな逸品です。

今年のラベルは、ひなげしの花を中心に黄色い花や、葉などをデザインし、シンプルな中にも華やかさのあるイメージになりました。

デュブッフといえば、ボージョレ地区の地酒を、たった一代で世界の名ワインに仕立てあげた立役者。その卓越した鼻と舌で今日のボージョレワインの理想的な味わいを造りだし、1970年代からは、自らのヌーヴォーを世界に紹介。

ボージョレでのステイタスを一気に築き上げた名醸造家です。

シェナ村のワインはコクのあるバランスのとれた風味で知られます。ほのかにバラの香りが漂う、しなやかで華やかな味わいをお楽しみいただけます。

理想とするのは「一口飲むだけで心がおどりだすような楽しいワイン」。その一代の偉業に敬意をこめて、あらゆる国のワイン愛好家たちが「ボジョレーの帝王」という呼び名を捧げています。

glasses-262382_1280