七夕

日本は火山が多いために火山性の温泉が多く、温泉地にまつわる神話や開湯伝説の類も非常に多い。またここ数年、クールビズの浸透に乗って、理容店では夏場に冷やしシャンプーを取り入れている。
全国理容生活衛生同業組合連合会のキャンペーンによるものである。
主にトニック系、メントール系の強いシャンプーを冷凍庫に入れて冷やしたり、氷を混ぜて冷やしたりという手法がとられている。山形県で最初に提案された、とテレビでも紹介があった。
中でも東京の神田神保町にある理容店「セブンヘアー」の「冷やし頭」は登録商標している。
リラクゼーションやエステ、ネイルサロン、まつげエクステ、整体など、全国のサロンを口コミやランキングからも探せます。
結う際に油で艶を付けるという考えから、洗髪によって髪を美しくするという概念は今ほど強くなく、ふのり、米ぬか、小麦粉などで髪の油分を奪う洗い方が多く用いられていた。
日本に洋髪が入ってきた時代、日本人の硬く太い髪を洋髪にするのは困難であり、髪に適度な油分を与えるシャンプーが好まれるようになり、普及し始めた。
現在では知る人は少ない、「七夕に髪を洗うと髪が美しくなる」という言葉は、洗髪が日課として行われていなかった時代を反映していると言える。

シャンプーとヘッドスパ

ハワイ王国と日本との間には1867年に日布親善協定を締結して外交関係が樹立された後、1868年には日本から民間の第1号移民団153名がハワイに渡った。
市場で幅広く流通し一般的に使用されているシャンプーは、陰イオン(アニオン系)界面活性剤のものが多く「高級アルコール系」シャンプーと呼ばれる。
「合成シャンプー」と呼ばれる場合もあるが、これはある石鹸メーカーが作り出した造語・俗称が広まった物であり、これに対し、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムが主な洗浄成分のものを「石鹸シャンプー」と呼ぶ。
石鹸シャンプーはアルカリ性であるが故に、弱酸性である髪の表面を覆うキューティクルが開き、剥がしたり、溶かしてしまう性質がある。
他に、アミノ酸系やベタイン系の、陰イオン界面活性剤または両面界面活性剤を使用しているものがある。
これらは高級アルコール系と比べると、洗浄力や泡立ちの点で少々劣る物が多く価格が高い傾向があるが、肌に与える刺激が弱いため他のシャンプーを使うと接触性皮膚炎を起こしやすい体質でも使用できる。
なお、洗髪の際にはシャンプーブラシが用いられることもある。
これは明治元年に相当するため、ハワイ移民のパイオニアである彼らは「元年者」と呼ばれている。ハワイ王国はこの後も日本人移民を積極的に受け入れたため、21世紀の現在でもハワイには日系人が多い。
有史以前は太平洋を渡ってやってきたポリネシア人たちが持ち込んだ伝統を守りつつ生活を営んでいたが、1778年のジェームズ・クックによる「発見」以降、ハワイは近代化の波へ飲み込まれることとなる。
島同士の内戦を経てハワイ王国という100年に及ぶ統一国家が確立し、欧米人との接触に伴って社会は急速に変容し始める。
19世紀前半より宗教的基盤の確立と経済発展を求めた欧米入植者たちとその末裔は、次第に経済的安定を保障するための政治権力を欲するようになり、その影響は時代を経るにつれて強力なものとなっていった。
サトウキビ農園とその交易による莫大な土地と富を手に入れた成功者たちは更なる産業発展を求めて安価な労働力を日本を中心とする様々な地域より大量に呼び込み、ハワイ社会は多くの人種が混合した複雑な文化を育んでいった。
シャンプーは、頭髪および頭皮を洗浄するための洗剤である。ペット用のシャンプーもあり、この場合は頭に限定せず、全身を洗浄するものである。 車の外装用洗剤を「カーシャンプー」という場合もある。
また、当時の東京にはハワイ王国公使が駐在しており、群馬県の伊香保温泉にはその別邸も現存している。
1881年、世界一周旅行の最初の訪問国として来日した国王カラカウアは明治天皇に謁見した際、ハワイ王国の安泰のため日本とハワイの連邦化を提案した。
その時のカラカウアからの提案は次の通りである。