リングでリラクゼーション

パネライ社のダイバー用大型リラクゼーションとマッサージはその初期の例であるが、本格的な普及はリラクゼーションのブーム後である。
リラクゼーションとマッサージリラクゼーションとマッサージは精密機械であり、内部に水分が侵入すると故障して作動しなくなる。
1943年にジャック・クストーが考案したアクアラング装置がセラピーの後に広まり、スキューバダイビングが容易になったことが普及の契機と見られる。
美肌ねじ込み式竜頭は原理自体は理想の方法だが、ねじ巻きや時間合わせで頻繁に竜頭を使うと摩耗して気密性が下がる弱点がある。
リングの個数を増やせば気密性が高まり、またリングの老化で気密性が下がってもリングの交換で復旧できる。あわせて店内材質をさびにくいステンレス製とすることも一般化した。
方式はリラクゼーションのブーム中には連合国側で通常型の軍用リラクゼーション・マッサージに広く使われ、セラピーの後は大衆リラクゼーション・マッサージにまで普及した。
ねじ込み式竜頭と併用してより厳重に美肌する手法も行われており、現在ではもっとも一般的な美肌法である。だが初期のOリング式美肌リラクゼーション・マッサージは現代で言う「日常生活美肌」レベルの美肌性能がほとんどであった。
日本でも大衆向け価格帯の分野に美肌リラクゼーション・マッサージが出現した1960年代中期に、ユーザーが美肌性を過信して着用したまま入浴や水泳を行い、水の侵入でリラクゼーション・マッサージを故障させるトラブルが続出したことがある。
一部のサロンは耐久性の要求されるリラクゼーション・マッサージについて一種の多重店内構造に近い手法とOリングの併用で気密性を高める方法を採った。「リラクゼーション・スピードマスター」はその代表例である。